読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Enjoy life! 面白く生きていく yoshiのブログ

面白いと感じた事やその取り組みなど自分が考えて実践した事などを書いていくブログです

アドラー心理学 21 人生は連続する刹那

引き続き、前回の続きから

「嫌われる勇気」を読んでいきます。

 

自らの生を線として捉え、人生の大半を途上としてしまう考え方ではなく、どう捉えれば良いのでしょうか?

 

 

人生を線として捉えるのではなく、人生は点の連続なのだと考えて下さい。

 

そして、人生とは連続する刹那なのです。


我々は「いま ここ」にしか生きる事ができない。


それを知らない大人達は若者に線の人生を押し付けようとします。


いい大学、大企業、安定した家庭、そんなレールに乗る事が幸福な人生なんだと。


でも、人生に線などありえません。

 

 

ほーー。

 

その前に刹那とは何? 

 

刹那(コトバンクから)

「極めて短い時間、瞬間」 であると。

 

なるほど。

 

言い換えれば、


人生は連続する瞬間かー。

 

こう考えて下さい。

 

人生とはいまこの瞬間をくるくるとダンスするように生きる、連続する刹那なのです。

 

そして、ふと周りを見渡した時に「こんなところまで来ていたのか」と気づかされる。

 

つまり司法試験というダンスを踊ってきた人はそのまま弁護士になっていたり、執筆というダンスを踊り作家になった人もいるかもしれません。

 

これらはエネルゲイア的な人生(現実活動的)といえるでしょう。


いま、なしつつあることがそのままなしてしまったことであるような動きです。


別の言葉で言うなら、過程そのものを結果と見なす動きと考えてもいいでしょう。

 

なるほど。

 

僕は昔から結果よりも過程を大事にしてきたし、人を見る時も結果よりも過程に比重を置いているので、このエネルゲイア的な人生は理解できます。

 

さらにこう付け加えています。

 

いま、ここに強烈なスポット当てて下さい。

 

我々はもっといま、ここだけを真剣に生き、かつ丁寧にやっていくべきなのです。

 

過去が見えるような気がしたり、未来が予測できるような気がしてしまうのはあなたがいま、ここを真剣に生きておらず、うっすらぼんやりした光の中に生きているので証です。

 

どうも僕に足りないのはこの部分でしょうね。

 

今ここに強烈なスポット、光を当ててないと。

 

目標や夢ばかりを追いかけて、今をその準備期間と捉えてた。

 

ただ自分に光を当てる動機というか、これだと打ち込んでやっていける何かが今まではありそうでなかった。

 

でも、40歳を手前にして、要約、光が見えてきた感覚があるし、逆に自らが光を当てない時期に来てるんでしょうね。

 

 

では また次回✋️