読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Enjoy life! 面白く生きていく yoshiのブログ

面白いと感じた事やその取り組みなど自分が考えて実践した事などを書いていくブログです

アドラー心理学22 人生最大の嘘

引き続き「嫌われる勇気」を読んでいきます。

 

 

毎日少しでもいいから何かしら行動する。


そうすれば、そこには必ず「今日できたこと」があるはずです。今日という一日はそのためにあったのです。

 

決して遠い将来の為に今日があるのではありません。

 


いいですねー👍

 

もっと早くこの本に出会いたかった。

 

僕が小学生の時にでも聞きたかった言葉ですね😅

 

つまり、受験なら、毎日少しでもいいから数式や問題や単語を覚える。

 

サッカーなら、いつかゴールを決める為にシュート練習をする。

 

料理の味を以前より美味しくする為に色々と試す。などなど。

 

 

 

今、ふと感じた事がありまして、

 

 

 

 

それは、今日できた事を毎日振り返ってみてはどうかなと。

 

 

大抵、反省を世間的には求められますが、そんな反省点ばかり意識させられたら自己嫌悪になります💦

 

 

それより、自分が今日出来た事に目を向けられたらちょっと楽しくないですか?

 

もしそこで、今日何も出来た事がなかったとしても明日は何か出来る様に前向きに行動していくと思いますし、モチベーションになる!

 

遠い将来の目標や夢ではなく、まずは今日、今を意識し、真剣にかつ丁寧に生きていくという事ですよね。

 

 

人生における最大の嘘、


それは「いま、ここ」を生きないことです。


過去を見て、未来を見て、人生全体にうすら、ぼんやりした光を当てて何か見えたつもりになることです。

 

目標などなくてもいいのです。「いま、ここ」を真剣に生きる事、それ自体がダンスなのです。

 

深刻になってはいけません。

 

人生はいつもシンプルであり、

 

そして、人生はつねに完結しているのです。

 

 

えっ! 完結?

 

どういう事でしょうか、、

 

 

あなたも、わたしも例え、「いま、ここ」で生を終えたとしてもそれは不幸と呼ぶべきではありません。

 

20歳で終わった年も、90歳で終えた年もいずれも完結した生であり、幸福なる生なのです。

 

つまり、「いま、ここ」を真剣に生きていたとしたならその刹那は常に完結したものであると。

 

 

なるほど。

 


この後、さらに人生の意味などはないと述べています。


例えば戦禍や天災のように我々の住む世界には理不尽な出来事が隣り合わせで存在しています。

 

戦禍に巻き込まれて命を落とした子供達を前に人生の意味など語れるはずもありません。

 

しかし、そうした不条理なる悲劇を前にしながら何も行動を起こさないのは起こった悲劇を肯定しているのと同じでしょう。

 

どんな状況であれ、我々はなんらかの行動を起こさねばなりません。

 

困難に見舞われたときにこそ前を見て、これから何ができるのか?を考えるべきなのです。

 

 

昨年の日本は、地震が多発しました。


特に熊本は震源地周辺の被害が甚大で、家の倒壊が多数発生しました。

 

そんな中、原因ばかり考えても何も変化しない。やはり大事なのは、今、何ができるのか?を考え実行する事ですよね。

 

それが今を真剣に生きる事に繋がる。

 

そして最後にこう述べてあります。

 

あなたがどんな刹那を送っていようと、たとえあなたを嫌う人がいようと、


「他者に貢献するのだ」という導きの星さえ見失わなければ迷うことはないし、なにをしてもいい。

 

嫌われる人には嫌われ、自由に生きて構わない。

 

そして、刹那としての、「いま、ここ」を真剣に生きましょう。

 

過去も見ない。完結した刹那をダンスするように生きるのです。


誰かと競争する必要もなく、目的地もいりません。踊っていればどこかにたどり着くでしょう。


なんか、こう聞くとモチベーションが上がるというよりかは楽しくなりそうですよね。

 

目標や夢を達成する為に我慢や苦痛に耐え、今を準備期間と捉えるより、

 

今を真剣にかつ丁寧に生き、他者貢献を軸に、嫌われる人には嫌われれながらも自由に生きた方が楽しい日々が多い様な気がします。

 


これで大体、「嫌われる勇気」を一通り振り返りました。

 

本一冊をこんなに丁寧に振り返った事は今まで一度もありませんでした。

 

これが出来たのも自分はもちろんですが、このブログを見てくれる方々が何かしら感じて、行動するきっかけを掴んでくれたらと勝手な他者貢献のおかげでしょうね(笑)

 

個人的には本当にもっと早くこの本と出会いたかった。もし、そうなら、今頃は、、、

 

 

と、考えるのはやめます😅

 

 

今を真剣に丁寧に生きていきましょう✌️

 

 

最後に、今日出来た事は、

昨日より、ブログの記事が一つ増えた事😁

 

 

では また次回✋️