読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Enjoy life! 面白く生きていく yoshiのブログ

面白いと感じた事やその取り組みなど自分が考えて実践した事などを書いていくブログです

出来事

実践

先週一週間、微熱が続いてて、

 

今週になり、やっと熱が下がり、

 

ようやく、ブログを書く気になりました(笑)

 

しかし、一週間も微熱(37.5度ぐらい)が続くなんて人生初の経験でした💦

 

もう今年で40歳になるので身体が変化してきてるんですかねー😅

 

 

では、引き続きアドラー心理学

 

と言いたいのですが、

 

先日、長男と衝突したので、その体験談を今後に生かす為にも書いていきたいと思います。

 

内容としては、

 

僕が縦の関係で、長男を見て、意見を述べた結果どうなったのか?

 

てな感じです😅

 

 

まず家に帰宅すると長男は宿題をしてました。

 

普段よりも今日は宿題が多く時間がかかってたみたいで、僕の帰宅後ぐらいに丁度終わりました。

 

そこで、長男が、

 

「お父さん! 3年生の一年間で書いた作文集を作ったから、後で暇な時でも読んでよ」

 

と言い、作文集を渡してきました。

 

 

僕は、

 

「わかった。後で読んでおくから」

 

と伝えました。

 

そして、晩御飯を食べ終え、その作文集を読んでみると、

 

国語が苦手な長男が一生懸命に書いてるのがわかり、前期よりも後期に書いた作文が字も丁寧に書けており、成長してるなと感じました。

 

ここまではよかったのですが、最後の作文に
4年生の目標を2つ書いてました。


長男なりに、考えて書いた事は理解できたのですが、その目標が長すぎて、イマイチわかりませんでした。

 

ここでちょっと僕のスイッチが入ってしまい、

 

「目標って、もっとシンプルに分かりやすく書けばいいのに、こんなダラダラ書いたらわからないし、それに対して先生も全く触れてない。これだとすぐに忘れてしまい目標の意味がない、、、」

 

と思い、

 

すぐに長男を読んで聞いてみました。

 

「〇〇! 4年生の目標を教えてよ」

 

すると長男は、

 

「それが3ヶ月前に書いた文だから忘れたんだよねー。」と。

 

ならば、

 

「じゃ ちょっと 読んでみてよ。」

 

と長男に目標を読んでもらいました。

 

「1つ目は、テストの時に最後に誤字脱字がないように3回見直して100点をとるように頑張る。

 

 

2つ目は、授業中で集中力がきれて先生の話を聞いてない時があるので、集中力をきれないようにする」

 

みたいな感じだったと思います。

 

ここで

 

「目標がちょっと長すぎない?


もうちょっとシンプルにできない?


これだと多分忘れてしまうし、何をすべきかわからなくなると思うよ。」

 

と僕は一個人として意見を述べたつもりが、

 

長男には説教に聞こえたみたいです。

 

この解釈の違いで、互いに対立してしまい、


その日は寄り添う事ができませんでした。

 

後から嫁と2人で意見をぶつけあいながら話し合い、

 

その後、

 

テニスサークルの練習の日だったので、気晴らしに2時間参加してきました。

 

そこで、今回の結論としては、

 

 

まずは何故こうしたのか? 書いたのかを自分なりに解釈し、認めてあげないといけないなと。

 

 

つまりあの時は、

 

こんなダラダラと長い目標はよくわからないから何故もっとシンプルに書かないのか?

 

と思ってたので、つい僕の意見として言ったつもりが縦の関係になり、説教になってしまったんだと。

 

そこでお互いの意見を述べあい、理解したい場合はまずは相手の意見を聞くべきだと。

 

そしてタイミング良く、なるべく冷静な時に聞くべきだと感じました。

 

 

その為には、話せる準備をしておくと。

 


例えば、前置きするのも手かもしれません。

 

後で話せる? や、

 

今話せる?

 

など。

 

互いの時間を創る工夫をするという事ですね。

 

 

僕は、コミュニケーションとして意見を互いに伝えあい、

 

より一層の親密な関係を構築できたらと考えてます。

 


その為に意見を述べやすい場作りを提供するのも親の役目かもしれません。

 

 

今回の件で、色々と考えさせられました💦

 

 

今後は相手の意見を聞いてから自分の意見を伝えたいと思います。

 

最後に、


その日は長男よりも嫁に自分の意見を吐き出しました!


まあ理解したかしてないか分かりませんが
一つだけ言えるのは、

 

なんかスッキリしたと言う事(笑)

 

溜まってたのが全部出てクリアーなった気分です👍

 

 

では また次回✋️

アドラー心理学19 他者貢献

 久々のブログですね。ちょっと花粉症や、風邪をひき、体調を崩してしまいました😅

 

その間に前回のブログで触れてた、

 

バルセロナパリサンジェルマンチャンピオンズリーグの2ndレグ!

 

まさかの奇跡がおこり、バルセロナの逆転勝ちでしたねー。


今回ばかりはパリが先に駒を進めるだろうと思っていたんですけど、、、

 

バルセロナの意地やプライドを見た感じがしました。

 

 

 


では、前回の続きからいきます。

 

 

第3のキーワード

 

 

それが他者貢献です。

 

 

「嫌われる勇気」を読んでいきます。

 

 

 

 

他者貢献とは、仲間である事他者に対して、なんらかの働きかけをしていくこと。貢献しようとすることを言います。

 

この意味するところは、自己犠牲ではありません。むしろアドラーは他者のために自分の人生を犠牲にしてしまう人を

 


「社会に過度に適応した人」

 

であるとして警鐘を鳴らしてるくらいです。

 


よって、「わたし」を捨てて誰かに尽くすことではなく、

 

むしろ「わたし」の価値を実感するためにこそ、なされるものなのです。

 

 

社会に過度に適応した人ってなかなかユニークな表現ですね(笑)

 

 

ここまでくればあまり違和感なく受け入れる事ができます。

 

やはり自分が主体なんだと。


自分が他者に何ができるかを考え実践していくべきだという事でしょうね。

 

 

もっともわかりやすい他者貢献は仕事でしょう。

 

社会に出て働く事。

 

あるいは家事をこなすこと。

 

労働とは金銭を稼ぐ手段ではありません。

 

我々は労働によって他者貢献をなし、共同体にコミットし、誰かの役に立っていることを実感して、ひいては自らの存在価値を受け入れているのです。

 


つまり仕事の本質は他者貢献です。

 

うーん。なるほどー

 

仕事の本質は他者貢献かー。  

 

 

時折、何の為に、この仕事をしてるんだろうか?と思う時があります。

 


特に好きでもない仕事に何の価値があるのか?

 

僕の理由は、

 

やはり家族を養う為でしょうね。

 

 

それがなければ今の仕事はしないでしょう。


だって絶対に働きたくない業界でしたから。

 

だからこそ、今、自分らしい人生を少しでも送りたいと思って興味がある分野に深く取り組んで実践してるわけです。  

 

 

また、我が子や、このブログを見てくれてる方が、自分らしく人生を送る為のヒントを見つけてくれたらという願いもあります。 

 

 

勉強も大切ですが、人間として生まれてきた以上は何か意味があるわけで、一度しかない人生を悔やんで終わりたくないです。 

 

1人1人が自分らしい人生を早く見つければ余裕がうまれ、楽しく触れ合う社会が実現できるのではないかと思います。

 

未来は、より一層変化していくでしょう。


シンギュラリティが来て、機械の人工知能の社会進出がより顕著になり、人間は働く場所を失うかもしれません。

 

いや、逆に社会や会社、仕事事態の本質が変化するかもしれません。

 

そうなれば働き方も変わるでしょう。


週3から4日しか仕事しないかもしれません。

 

だからこそ、ベーシックインカムが必要になってくるのではないかと。


それも現行のベーシックインカムではなく、その時代や国にマッチしたベーシックインカムがいいんじゃないかと。


もし、そうなれば、

 

仕事漬けにさらされた時間が余暇にまわり、

 

他の仕事やボランティアやスポーツなどできる時間がうまれてきて、より人生に幅が広がり楽しくならないかと考えてしまいます。

 

まあ、話が脱線しましたが、大事なのは、

 

自分が他者に何が出来るかを考え、実践していく事。それが他者貢献に繋がるのではないか。

 

そして、これは僕個人の思いで、


コンピュータだけではなく、人間もアップデートしていくべきでしょうね!

 

実践→ エラー → アップデート → 実践

 

の繰り返しじゃないかと😄

 

 

では また次回✋️

 

アドラー心理学18 他者信頼

心理学

引き続き「嫌われる勇気」からですが、

 

第2のキーワードとしては、

 

他者信頼です

 

では読んでいきます。

 

ここでは、信じるという言葉を

 

信用と信頼とに

 

区別して考えます。


まず信用とは、条件付きの話しです。

 

英語でいうクレジットで、銀行でいえば担保です。


これに対して、対人関係の基礎は、

 

信用ではなく、

 

信頼によって成立しているのだと考えるのがアドラー心理学の立場になります。

 

 

その場合の信頼とは、

 

他者を信じるにあたって、いっさいの条件をつけないことです。

 

担保の事など、考えずに無条件に信じる。それが信頼です。

 

んー。

 

無条件ですか?


用心深い性格の自分にとっては正直受け入れ難いですねー(笑)

 

ある程度関係が築けてる間であれば無条件に信じる事はできそうですが


それ以外の人達をいきなり無条件に信頼せよと言われても急にはできないです。

 

しかし

 

浅い関係であれば、破錠した時の痛みは小さい。

 

しかしその関係から生まれる日々の喜びもまた小さいはずです。

 

それを他者信頼によってもっと深い関係に踏み込む勇気を持ちこたえてこそ、対人関係の喜びは増し人生の喜びも増えていくのです。

 

たしかに。

 

これは理解できます。

 

まあ、身内や家族友人、などは無条件に信頼はできますが


でも、

 

それ以外の関係の人達にはもし裏切られたら?

 

という考えはどこか片隅にはやはりあります。

 

そこで、

 

裏切られる事の恐怖を踏みこえるだけの勇気はどこから出てくるのか?

 


それが自己受容です。

 

ありのままの自分を受け入れ、

 

自分にできる事、自分にはできない事を見極めることさえできれば、

 

裏切りが

 

他者の課題である事も理解できるし

 

他者信頼に踏み込む事も難しくないと。

 

そして

 

こう考えてください。

 

我々には信じる事ができますし、疑う事もできます。


そして我々は他者を仲間と見なす事を目指しています。

 

信じる事と疑う事のどちらを選択するかは明らかでしょう。

 

なるほど。

 

裏切るか、裏切らないかは他者の課題の分離で 結局は自分が無条件に信じるか、信じないかが問われると。 

 

そして他者を仲間と見なす事を最終的に目指しているのであれば、信じるしかないだろうと。

 

あくまでも自分を主体に考えていれば、もし仮に裏切られたと感じる事があり、痛みや悲しみを伴っても、立ち直りが早くなるという事ですかね。

 

まあ、出会った人全員に全幅信頼を寄せる事はできないので、まずは身内や友人を、課題の分離など、今までとは違った意識を持って信頼していきたいと思います。

 

 

では また次回✋️

アドラー心理学17 自己受容

心理学

 

今までのブログで共同体感覚を得る為の理論などを学んできましたが、ここからは、さらに新しいキーワードが出てきます。

 

 

それは「自己受容」です。

 

 

引き続き、「嫌われる勇気」から

 

まずは自己受容をより理解する為に自己肯定との違いを述べています。

 

自己肯定とは、できもしないのに「わたしはできる、わたしは強いと」自らに暗示をかけることです。

 

これは優越コンプレックスにも結びつく発想であります、自らに嘘をつく生き方であるとも言えます。


一方、自己受容とは、

 

仮にできないのだとしたら、そのできない自分をありのままに受け入れ、できる様なるべく、前に進んでいくことです。

 

もっとわかりやすくいえば、60点の自分に「今回はたまたま運が悪かっただけで、本当の自分は100点なんだと言い聞かせるのが自己肯定で、

 

対して、60点の自分をそのまま60点として受け入れた上で100点に近づくにはどうしたらいいかを考えるのが自己受容になります。

 

さらに、

 

変えられるものと、変えられないものを見極めるのです。

 

我々は何かを与えているかについて変えることはできません。

 

しかし与えられたものをどう使うかについては、自分の力によって変えていくことができます。

 

そして、

 

我々は何かの能力が足りてないのではありません。

ただ勇気が足りてない。

全ては勇気の問題なのです」と。

 

僕の中で、自己肯定は多少違和感がありました。

 

物事を前向きに捉える事は共感できますが、現実を離れた肯定の仕方は無理があるだろうなと。

 

それに何も努力してないのにいずれ出来るとかは夢の様な話しですよね。

 

もちろんだからと言って人間の可能性を疑ってるのではなく、

 

逆に普段使用されてない脳力をたった3%ではなくて20%ぐらい使う事が出来ればもっと人生が楽しくなるだろうなと思っています(笑)

 

 

そこで、大事なのが自己受容って事ですよね。つまり現実的に考えなさいと。

 

普段から目的を達成する為に何をしてるのか。

 

僕でいえば脳力を20%使う為に何をやってるのか?

 

試合でゴールやヒットを打つ為に何をしてるのか?

 

テストで100点取る為に何をしてるのか?

 

って事ですよね。

 

やはり普段から何を意識しながら毎日を送っているのかが問われると。

 

僕は、今、興味があるものを掘り下げて考えて行動していきたいと思ってます。


その一つがこのアドラー心理学です。

 

題材にしている「嫌われる勇気」がもう少しで終わるので、

 

次は「幸せになる勇気」に取り組みたいと思っています。

 

それが終われば、その時に興味があるのに取り組む予定です。

 

今この段階では、

 

ベーシックインカム」か「ビットコイン

には興味あります😄

 

まあ、先はわからないので、

 

では また次回✋️

アドラー心理学16 横の関係

心理学

 

引き続き、「嫌われる勇気」からの共同体感覚ですが、

 

対人関係の入り口には、

 

課題の分離があり、

 

出口には共同体感覚がある。

 


そこで以前のブログの課題の分離のところであげた、

 

対人関係を横の関係に築いていく

 

を深く掘り下げていきます。

 

「まずは他者との間に、一つでもいいから横の関係を築いていくこと。そこからスタートしましょう。ここは非常に重要なポイントで、縦の関係を築くか、横の関係を築くか、
人間は自らライフスタイルを臨機応変に使い分けられる程器用な存在ではありません。
要は、この人とは対等に、こっちの人は上下関係でとはならない。
そこで1人でも横の関係を本当の意味で築く事ができたら、そこを突破口にしてあらゆる対人関係が横になっていくでしょう。」

 

 

なるほど。

 

 

僕も含めて日本人のほとんどは縦社会で揉まれ、小、中、高、大学生と、先生が教壇の前に立ち生徒は静かに意見も言わずノートをとる習慣がついています。

 

社会に出てからも同様に目上の人にはなかなか意見を言えない風潮があります。

 

そこで突然、対人関係を横に築いていきなさいと言われてもすぐには出来ないですよね。

 

 

でも友達や子供や、後輩なら出来そうじゃないですか?

 


自分が目線を下げるだけでいいので。横の意識はしやすいと思います。

 

 

実際に僕は2人の子供(小3、4歳の共に男)には最近意識してやっています。

 


特に大きな変化はないですが、会話がなんとなく友達感覚になった気がしますし、

 

何より子供が少しずつ以前より話をする様になりました。

 

本当にちょっとした事ですけど、おもちゃの話から、学校、幼稚園の話など増えてきたなと思います。

 

 

さらに今後はそこに自分の意見や感想などを付け加えて話してくれると嬉しいですね。

 

 

暇や余裕がある時は、

 

「その時はどう思ったんだ?どうすればよかった?」など質問してますが、

 

自分の意思をはっきりと伝えれる大人になってほしいと思います。

 

僕がなかなか意見を言えなかった性格だったので、


我が子には逆に

 

はっきりと伝えて欲しいですね!

 

 

では また次回✋️

アドラー心理学15 共同体感覚4

心理学

 

前回の続きです。

 

課題を分離して、より大きな共同体感覚を意識していくと。

 

そこで、次に対人関係を良好にしていくにはどうしたらいいのか?

 

引き続き「嫌われる勇気」を読んでいきます。

 

「対人関係を良好にしていくには、横の関係という概念になります。その為に、アドラー心理学では褒めてはいけないし、叱ってもいけないし、無論、体罰はもってのほかの立場をとります。」

 

叱ってもいけないし、褒めてもいけないと、、これは少し以前のブログの、賞罰教育でも触れてましたね。

 

「褒めるという行為は能力のある人が能力のない人に下す評価という側面があります。これは無意識のうちに上下関係をつくり、相手の事を自分より低く見ています。
人が他者を褒める目的は、自分よりも能力の劣る相手を操作することなので、そこには感謝も尊敬も存在しません。」

 

 

うーん。本当にそうなんでしょうか?

 

 

相手を操作したいから、褒める人は少数ではないでしょうか? 逆に無意識のうちに、素直に褒める人、相手の喜ぶ顔が見たいから褒める人もいると思います。


ですが、ここでは褒める、褒められたいと願う事を縦の関係として捉えているのでしょうね。

 

では縦ではなく横の関係が重要だと説いていますが、どう考えていけばいいのでしょうか?

 

続きを読んでいきます。

 

「一番大切なのは他者を評価しないという事です。評価の言葉は縦の関係から出てくる言葉であって、もし横の関係を築けているのなら、もっと素直な感謝や尊敬の言葉が出てくきます。 ありがとう、うれしい、助かったよなどなど。」

 

また

 

「人はこの感謝の言葉を聞いた時、自らが他者に貢献できた事を知ります。アドラー心理学ではこの貢献を非常に重く考えます。
共同体や、他者に働きかけ、私は誰かの役に立っていると思えること。他者から 良い と評価されるのではなく、自らの主観によってわたしは他者に貢献できていると思えること。そこで、はじめてら自らの価値を実感する事ができ、勇気を持てると。」

 

なるほど。

 

つまり対人関係では、縦ではなく横を意識し、評価ではなく、感謝や尊敬の言葉をかけて、勇気づけのアプローチをしていくという事でしょうね。

 

つい子供に対しては横ではなく縦に見てしまいますが、一人間としてラインを横にしないといけないですね。

 

僕は「ありがとう」という言葉は好きなんです。


なぜなら、かけた方もかけられた方もお互い良い気持ちになるじゃないですか。


子供には、しつけの意味を込めて、今まで強要してた部分がありましたが、そうではなく自らが積極的に言葉をかけていく事が必要ですね!

 

 

では また次回✋️

 

アドラー心理学14 共同体感覚3

心理学

 

引き続き、「嫌われる勇気」から。

 

「我々はここにいてもいいんだという所属感を求めている。しかしアドラー心理学ではただそこにいるだけで所属感は得られるものではない。共同体に対して自らが積極的にコミットすることによって得られるものではだと考えます。」

 

 

具体的には、

 

人生のタスク」に立ち向かう事です。


つまり、仕事、交友、愛という対人関係のタスクを回避することなく、自らが足を踏み出していくと。

 

あなたは世界の中心にいるわけではない。自分の足で立ち、自分の足で対人関係のタスクに踏み出さなければいけない。

 

この人は私に何を与えてくれるのか?

 

ではなく

 

私はこの人に何を与えられるか?

 

を考えなければならない。それが共同体へのコミットであると」

 

なるほど。

 

人生のタスク、以前のブログに取り上げましたね。


やはり自らが動いて、そして所属感を獲得していくという事でしょうね。

 

そこで、この共同体の範囲ですが、
どこまでなのでしょうか?

 

アドラーは自らの述べる共同体について、家庭や学校、職場、地域社会だけではなく、例えば国家や人類などを包括したすべてであり、時間軸においては過去から未来までも含まれるし、さらには動植物や無生物までも含まれるとしている。」

 

えっ?

 

範囲広すぎ!!

 


「つまり、我々が共同体という言葉に接した時に想像するような既存の枠組みではなく、過去から未来、そして宇宙全体までも含んだ、文字通りの全てが共同体であると提唱しているのです。」

 


宇宙までも?

 

 まさしく範囲は無限大ですね(笑)

 

では何故、複数の共同体を意識すると同時により大きな共同体までも意識しないといけないのでしょうか?

 

それは、

 

「我々が対人関係で困難にぶつかった時、出口が見えなくなってしまったとき、まず考えるべきは

 

より大きな共同体の声を聴け

 

という原則があると。

 

つまり、学校なら学校という共同体のコモンセンス(共通感覚)で物事を判断せず、より大きな共同体のコモンセンスに従うのです。

 

目の前の小さな共同体に固執することはありません。もっとほかの「わたしとあなた」
もっと他の「みんな」もっと大きな共同体は必ず存在します」

 

へぇー

 

「これはわたしとあなたの関係でもいえることですが、もしもあなたが異を唱えることによって崩れてしまう程度の関係なら、そんな関係など最初から結ぶ必要などない。こちらから捨ててしまってもかまわない。関係が壊れることだけを怖れて生きるのは他者のために生きる不自由な生き方です。」

 

強気ですね💦

 

でもこれは必要でしょう。

 

出会いがあれば別れはあるとも言うし、人生は長いようで短いんだし、人が出来る事は限られてる。

 

ならば、

 

まずは自分のために生きると。

そして他者に還元していくと。

 

なんか、こう考えると、

 

世の中を丸く、自分の図形、〇を意識すればヒントは見つかるし、より、物事が循環していく感じがしますね。

 

いつまでも尖っているのではなく、壁に当たりながら少しずつ凹凸を削っていき、でも中心は重く、太くしていくと。そこには知識、経験、知恵などを溜めていき、自分の道を転がるのではなく前に積極的に進んでいくと。最終的にはその道が丸いレールになっていき、途中下車しながら自分の中心にあるものを還元していくというイメージですね👍

 

 

では また次回✋️